<< お食事処 | main | Camotes Island >>
マクタン島の綺麗なところ
0

    学生スタッフのJoshです。

     

    日本はそろそろ春の季節ですかね。セブ島は最近夏が始まりました。30℃超えるくらいの良い?天気です。

     

    このような時期に生徒さんは海やプールに行く方が多く、案の定日焼けしまくりで帰ってきます。ある意味では良い思い出ですが、できれば日焼け止めを塗って良い感じの小麦肌に焼きましょう。ひどいのは見ていて痛々しいです(当人はほんとに痛そうです)。

     

    ちなみにこちらでも日焼け止めは買う事ができますが、日本ほど見かけないのと、やはり肌との相性もありますからある程度この時期に来られる方はもってこられた方が無難かなと思います。

     

    さてさて、そのような感じで日中はもの凄く暑いので、僕は基本的に昼間は外にでません。夕方、夜あたりの日の落ちたあたりに行動開始です。

     

    今回はここマクタン島(空港がある島)の端っこ、コルドバにある10,000 rosesというスポットに行ってきました。

     

     

    道中日本にはないディープフィリピン

    がたくさんみることができると思います。お楽しみに!!

     

    また、おそらくここにくるためにはタクシーでくることになると思います。タクシーで行くと渋滞状況にもよりますが、1時間弱は確実にかかると予定していた方がいいですね。僕が支払ったタクシー代金は行きは250ペソでした。ただ、帰りが少し不便な立地でるためにタクシーが基本的に少ないですが、なくはないです。ただ、タクシードライバーも賢いので需要と供給の関係からタクシー代金は交渉次第になります。

    僕の場合は500ペソで最初交渉スタートになりました。350ペソくらいといって400ペソに落ち着けばいいと思えばよかったのですが、その時相場があまりわからず、最初は断りました。先ほども申したようにタクシーはあるにはありますが、少ないので結局そのドライバーにまた声をかける羽目になってしまいました。そこでドライバーにもしっかり足元を見られて500ペソから下げてもらえませんでした。ご用心を。

     

     

     

     

    肝心の10,000 rosesは非常にきれいで趣深いものでした。できれば夕方から訪れたほうがいいでしょう。時間の経過とともに目の前に広がる風景の微妙な変化に気づくと思います。

    その違いに魅了されてリラックスできると思います。できればデートで一緒にいったほうがいい気が・・・・笑。ご自由にどうぞ笑。

     

    ちかくに海もありますし、そこの景色も印象に残ると思います。特に飛行機の空港に向かってくる光が海に反射してなにか神秘的なものを感じると思います。少なくとも僕は感じました。

     

    というわけで一度はいってみる価値のあるスポットに認定し、これにてお開き。またみてねーーー。

     

     

     

    | 周辺施設(レストランなど...) | 16:36 | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 16:36 | - | - |